多汗症治療は美容外科でも行われています。

多汗症とは、体温の調整に必要な通常の範囲を超えて、異常に手や足・額などに汗をかき、生活に支障をきたす症状をいい、

近年、多汗症の原因が疾患遺伝子によるものと佐賀大学で解析され、精神的な病気であるという誤解は解消され、心理療法では多汗症は完治しないことが証明されました。

多汗症には、スポーツドリンクを摂取するといいという噂がありますが、
これは医学的に根拠のないもので、かえって症状を悪化させるだけで、多汗症治療が必要となります。

日本人で多汗症の人は約0、5%と言われており、治療を受ければほとんどの人が治る病気です。
汗には2種類あり、体温をキープするための温熱性発汗と、緊張した時に出る精神性発汗があり、多汗症は精神性発汗で起こる汗の異常を指します。

多汗症治療には、まだ専門としている科はありませんが、
血管外科や麻酔科・ペインクリニック科・美容外科が対応しています。

多汗症治療には、交感神経を遮断もしくは切除しますが、現在は保険が適用されているので負担が少なく治療を受けることができ、日帰りで治療を行える場合もあります。
観光ついでに大阪で多汗症治療することも可能ですね。

多汗症は汗をかく部位、また国によっても治療法が異なり、
日本ではアルコールを使った交感神経ブロックや外科手術による交感神経切除がポピュラーですが、欧米ではボツリヌス毒素Aを患部に注入する方法が盛んです。

また、病院で外科的治療を受ける以外にも、抗コリン剤や漢方薬、塩化アルミニウムなどが有効成分の塗り薬も医薬品として承認されています。

また、美容クリニック・美容皮膚科でも多汗症治療を行っているとこがあり、ここでは、皮膚を切除することなく汗線をレーザーによって燃焼させる方法が使われています。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています